飛鳥時代、修験道の開祖、役行者開基。 本尊は十一面観音菩薩。 文武皇后祈願し、皇子誕生(のちの聖武天皇)。平城京に遷都。 聖武天皇の勅願寺。 七堂伽藍の建立。 聖武天皇の第一皇女、井上内親王が祈願し57歳での出産を果たされた子安観音のお寺です。 のちに弘法大師も滞在し、復興に尽くしました。
飛鳥時代、修験道の開祖、役行者開基。 本尊は十一面観音菩薩。 文武皇后祈願し、皇子誕生(のちの聖武天皇)。平城京に遷都。 聖武天皇の勅願寺。 七堂伽藍の建立。 聖武天皇の第一皇女、井上内親王が祈願し57歳での出産を果たされた子安観音のお寺です。 のちに弘法大師も滞在し、復興に尽くしました。
飛鳥時代、修験道の開祖、役行者開基。 本尊は十一面観音菩薩。 文武皇后祈願し、皇子誕生(のちの聖武天皇)。平城京に遷都。 聖武天皇の勅願寺。 七堂伽藍の建立。 聖武天皇の第一皇女、井上内親王が祈願し57歳での出産を果たされた子安観音のお寺です。 のちに弘法大師も滞在し、復興に尽くしました。
飛鳥時代、修験道の開祖、役行者開基。 本尊は十一面観音菩薩。 文武皇后祈願し、皇子誕生(のちの聖武天皇)。平城京に遷都。 聖武天皇の勅願寺。 七堂伽藍の建立。 聖武天皇の第一皇女、井上内親王が祈願し57歳での出産を果たされた子安観音のお寺です。 のちに弘法大師も滞在し、復興に尽くしました。